子どものニコチン依存症


未成年者の喫煙は体に大きな影響を与えるとともに、ニコチン依存症を高い率で病気の症状が現われ、成人してからやめようと思っても禁煙が難しいといわれています。

20代以降、習慣的喫煙を始めた人は半分以上が禁煙するのに対し、10代で習慣的喫煙を始めた人で禁煙した人は46%にとどまっています。

また、18歳以降で初めてたばこを吸った人では約半数の人が禁煙するのに、14歳以下で初めて喫煙した人では32%の人しか禁煙できていないことがわかっています。未成年者の喫煙は強いニコチン依存を生み、生活の一部として取り入れてしまうたばこ依存が起こる結果だと思われます。

そのほかにも、若くしてたばこを吸い始めた人重度のニコチン依存者は、ヘビースモーカーになりやすいこともわかっています。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法