ニコチン依存症


たばこの煙に含まれるニコチンは、ヘロインやコカインといった麻薬やアルコールと同じ、依存症を作り出す薬物です。ニコチン摂取を繰り返していくと、ある時期を境に神経伝達物質を自分の力で体外へ排出する力がどんどん低下していきます。

そうなってくると、たばこを吸ってニコチンを吸収していくことでいつもと同じレベルの働きを保持するということを繰り返し行う、このことを「ニコチン中毒」「ニコチン依存」と呼びます。

ニコチンを補い、一定量のニコチン濃度を保っていないと、不安やいらつき、睡眠障害、頭の働かない感じ、集中力の低下、不穏など、神経細胞間伝達物質の不足症状を表すようになります。

ニコチン依存の度合いは「起床後何分でたばこを吸うか」という質問でほぼ正確に推測することが出来、起床から喫煙までの時間が短ければ短いほど、ニコチンの中毒性が強いと考えられます。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法