何本から吸いすぎか?


発ガン物質は少しの量でも遺伝子のDNAを改めて違うものに変えてしまい、発ガン遺伝子を活発に働くようにさせたり、発ガン抑制遺伝子を活発にならなくしたりしてしまいます。

もちろん発ガン物質を大量に摂ってしまうとがん細胞の発生する度合いが高まり、がんの病気を起こす確率も高くなりますが、たとえ少ない量であっても、その量に対してガン発生率はどんどんあがっていきます。


一般の薬品やアルコールは、大量摂取すれば命を落とす危険性もありますが、一定以下の量であれば健康障害もなく、許容値が設定できます。

しかし放射線被爆やたばこなどの発ガン物質の発ガン作用は、少量摂取であってもそれなりの危険が離れないため、許容値の設定はできないので、何本なら安全というたばこの量はないようです。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法