軽いたばこの矛盾


たばこには「低タール、低ニコチン」といった銘柄がいくつかありますが、特別な葉を使用しているわけでもなく、たばこの茎を少し混ぜ、フィルターの材質を変え、葉を巻く紙に小さな横穴をあけて、一緒に吸い込んだ空気により煙が薄くなるようになっています。
副流煙は、低タール、低ニコチンでもないので開けられた穴により、副流煙の発生量を増加させます。
喫煙者は自分に合った快適なニコチンの濃度があって、自動調節するために軽いたばこに変えても、深く吸い込んだり、フィルターをかんだり、何度も口をつけたり、数を増やしたりとしてしまうので、取り入れるニコチンタールの量は全く減少せず、逆に深く吸ってしまうため、一酸化炭素などの有毒物質を多く摂ってしまう原因になります。
たばこのニコチン値、タール値が低くなるにつれ、横穴の数や大きさが増加してゆくのですが、この横穴は、ちょうど喫煙者がたばこを持つ時に指で塞がれる場所にあり、実際に吸う時には穴が空いている効き目がなくニコチンが摂取出来るように作られています。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法