たばこの健康への影響


たばこの煙に含まれる4000種類の化学成分のうち、有害物質とされているものは200種類以上もあり、そのうちの40種類以上が発ガン性物質です。
その中でも特に健康有害性が大きいのは,ニコチンや一酸化炭素、タール(ヤニ)などの刺激物質と微細粒子です。
タールは体内にほとんど吸収されることなく、表面の付着による上皮の発ガン物質などを促し働きますが、一部は体内に吸収され膀胱発ガン物質として働くものなどもあり、いろいろな形を含んでいます。
1本のたばこに含まれるタール量はほんのわずかの量ですが、1日20本たばこを吸う人は1年で180mlのタールを体内に入れることになります。
また、ニコチンはタールとは違い、表面に付くものではなく、毛細血管に吸収され働き、たばこを吸うと数秒後には全身に届きます。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法