禁煙の効果


たばこをやめるとたくさんの効果があらわれはじめ、まず1つにたばこを止めた直後は周りの人に対してたばこの煙で嫌な思いをさせずに済むことになり、20分後には、血圧と脈拍が正常値に戻り手と足の体温が上がり始めます。


8時間経つと体内の血中の一酸化炭素の量が減り、血中の酸素濃度が上がり始め、1日経つと心臓発作の危険性が急激に減ります。
次に2日経つと、味覚やにおいの感覚が良くなりはじめ、歩くことが楽になっていきます。

2週間~3ケ月経つ頃には、循環器系の機能が良くなり、肺の機能も30%も改善されます。
1~9ケ月経つと、せきや息切れをしなくなり、持久性も戻り、気道の汚れを自らの働きで取り除き、感染などを起こしにくくなります。

1年後には、虚血性心疾患(心筋梗塞や脳梗塞)にかかる危険性が喫煙者の1/2のなります。
そして10~15年経つ頃には、さまざまな病気にかかる危険性が非喫煙者の水準まで近づきます。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法