ニコチンパッチの使い方


ニコチンパッチには大中小の3種類があって、一般的には大を4週間、中を2週間、小を2週間、毎日1枚ずつ貼付するようになっていますが、体重が標準体重からかけ離れている場合や、1日の喫煙本数が10本以下の場合は、中や小サイズから始めることもあります。

いつから貼り付けた方が良いかというと、朝付けて、就寝前にはがすのが良いといわれています。
ニコチンパッチを貼付した状態で寝てしまうと、睡眠が浅くなるといわれており、また、たばこを吸わずに生活している時間から貼付したほうが安全だからです。

ニコチンパッチは体のどこの部分に貼っても効果は変わりませんが、貼付後に赤くなったり、かぶれたりする場所や(デリケートゾーン)、毛深い箇所、下腹部や下半身は、ずれやすくはがれやすいので、避けたほうがより快適に使用することができます。

ニコチンパッチによってニコチン過量による副作用はありませんが、使い始めて2.3時間~数時間に、動悸や冷や汗、倦怠感などニコチン過量による症状が出ることもあり、この場合は使用前に喫煙していたという場合が多くみられます。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法