ニコチンパッチの弱点


ニコチンパッチには4つの欠点があるといわれています。

まず1つめに、個人差はありますが就寝中に貼付したままにしておくと、夜間にニコチンが継続的に導入されてしまい、脳の興奮が引き起こされ、睡眠が浅くなり重苦しい夢を見たり、昼間の眠気が強くなるといった症状が出ます。

次に人によって変わってきますが、貼付後剥がした際に皮膚がかぶれてしまうということです。
2ケ月使用しても何も無い人もいれば、貼付した周辺にまでかぶれが及んでしまう人もおり、皮膚への影響はさまざまです。

3つめはニコチンパッチを使用している最中に、たばこが吸いたくなるということです。
ニコチンパッチは一定の量を少しずつ補うので、急にたくさんのニコチンを吸収することが出来ないため、ニコチンパッチの使用量を増加しても食い止めることはできないのです。

最後にニコチンパッチは保険が適応していないことです。

「ニコチネルTTS相談窓口」
TEL 0120-37-7305

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法