たばこの販売方法


オーストラリアのタスマニア州ではたばこ対策がしっかりしているため、売り方に対してもきちんとした規則が決められており、たばこの商品表示規制を表す冊子がたばこの販売店に配布されています。

その内容はとても細かく、たばこの陳列方法、ディスプレイ面積、入り口や子ども達の買う商品からの距離、たばこの展示の強調、自販機による販売禁止、写真付きの身分証明書の提示、価格表や文字の大きさ、ディスカウントなどの宣伝文句に至るまで徹底されています。

他にも、たばこを販売するためには免許が必要で、売り場には「SMOKING KILLS Call the Quitline ph 131848(喫煙は死に至ります。クイットライン=禁煙支援相談電話へ)」の看板を人目につくように示し、万が一看板を揚げなかったり、18歳以下の未成年にたばこを渡したり、売ったりした場合は、罰金として5000ドルの支払いが命じられます。

【電子タバコ比較!】 今話題の「電子タバコ」を比較。実際に手にとってまとめました。 >>
【離煙パイプ】 離煙パイプって一体ナンダ?少しずつ確実に成功する禁煙方法